MENU

筑波銀行カードローンなら収入証明書不要!しかも毎月の返済負担も少ないので安心!

筑波銀行カードローンはとてもお得!

 

筑波銀行カードローンはネット上でもよく宣伝されているのですが、どのような特徴があるのでしょうか。筑波銀行カードローンの場合、筑波銀行に口座があれば来店不要で申し込みが可能です
なので、カードローンのためにわざわざ仕事を休んで銀行に行くことはありません。ネットだけで完結するので、手間がかからないのがメリットになります。

 

また、筑波銀行カードローンのいまほしの場合であれば、手続きが完了するまでは収入証明書不要でいいので、審査の初期段階の煩わしさがありません

 

気になる金利はどのくらいなのか?

 

筑波銀行カードローンを利用するとき、金利はどのくらいかかるのでしょうか。金利は審査によって決定するのですが、6.0%から14.6%に設定されています。
ポケットカードローンの場合は固定で14.6%なのですが、いまほしの場合は契約時に金利が決まる変動性となっています。

 

人によって金利が変わりますので、一概にどの程度の金利がが適用されるのかは言えませんが、基本的には利用限度額が高くなれば金利は低くなります
したがって、6.0%の金利になるのは利用限度額いっぱいのローンを利用する方になります。
 

毎月の返済負担が少ないので利用しやすい

 

筑波銀行カードローンの場合は、申し込みの段階では収入証明書不要でいいですし、さらに返済するときも2000円からの返済でいいのでとても利用しやすいという特徴があります。

 

三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などのメガバンクもサービスがいいですが、筑波銀行のような地銀も地元密着型銀行として優良サービスを展開していますので、下手な大手銀行よりもずっと利便性が高いと言えます。
金利や申し込み基準などを比較して、どちらの銀行の方があなたにとってメリットがあるのかを考えてみましょう。

 

実は申し込みのハードルが低い

 

筑波銀行カードローンの場合だと、なんと年金暮らしの人でも専業主婦でも申し込みができます
一般的に、年金暮らしの人は消費者金融ですら審査に通る かどうかなので、筑波銀行カードローンがどれほど優良カードローンなのかが伺い知れます。

 

ただ、主婦の場合は50万円が利用限度額になり、年金暮らしの方は20万円が利用限度額になります
高額ローンを組むことができませんが、それでも他のカードローンだとそもそも審査に通ることがありませんので、筑波銀行カードローンを選ぶ理由は十分あります。

このページの先頭へ